カードローンvsクレジットカードキャッシング

クレジットカードのキャッシング機能について

クレジットカードには、普段の買い物をキャッシュレスですることができるショッピング機能が付いていますが、カードローンと同じような役割を果たすキャッシング機能も付加されているのが普通です。
普段お金を借りる必要に迫られてしまうことがないような人の場合には、カードにキャッシング機能が付いていることに気がつかないままで利用しているケースが多いですが、カードに付加されている各種サービスを熟知して、その機能を最大限に活用しているような人もいます。

消費者金融はハードルが高い

 
消費者金融などが運営しているカードローンでキャッシングする場合も、クレジットカードに付いているキャッシング機能を利用してキャッシングする場合も、どちらも提携ATMなどを利用してお金を引き出すという方法をとることになりますし、金利の違いもほとんどないのが普通です。
ですので、どちらの方法でキャッシングしても大差ないのではないかと考える人が多いのですが、両者には決定的な違いがあります。

キャッシングとクレジットカードは契約形態が違う

両者の決定的な違い、それは利用を開始する際に結ぶ契約の名称です。
一般的なカードローンを利用する際に結ぶ契約は「金銭消費貸借契約」なのですが、カードのキャッシング機能を付加する契約の方は「立替払契約」ということになります。
それぞれのカードの成立目的が根本的に違っていますので、結ぶ契約の種類も必然的に異なってくることになるのです。
そのため、返済方法も違ってきます。
実際には、両方ともリボ払いが中心となっていますので、あまり大きな違いは感じられないかもしれませんが、カードローンの場合にはいつでも自由に繰り上げ返済することができるようになっています。
これに対して、クレジットカードのキャッシングの場合には、自由に繰り上げ返済はできないようになっていることが多いので、より多くの利息がかかってしまうケースが多いです。