クレジットカード付帯保険の最強の使い方

海外旅行傷害保険には有効期限がある


クレジットカード付帯保険とはその名の通りクレジットカードに付いている海外保険のことです。
海外保険金を別途支払わなくても良いので重宝すると思われがちですが、クレジットカードによって、またその保険内容によっては条件が違ってきます。
基本的にはパスポートの出国日から90日間の間なら使える保険です。

病気の補償がしっかり付いているか確認しよう

しかし、カードによっては60日間と短いところもあります。
自分の持っているカードの保険期間がどのくらいなのか、確認しておく必要があります。
保険内容もクレジットカードの種類によって様々な条件があります。特に一番使用頻度が高いはずの病気や怪我で病院にかかった場合の保証が、ついているものとそうでないものがあるので要注意です。

海外で病院を使うときはパスポートが必須

現地の病院でクレジットカード付帯保険を使いたいと申し出ると、パスポートの提出を求められることがあります。
これは病院によってはキャッシュレスサービスをするために、パスポートの出国日が90日以内であるかを確認するためでもあります。パスポートの提示がない場合はキャッシュレスサービスが受けられないこともあります。

現金の立て替え払いをしてもOK!後で補償されます

その場合は現地のクレジットカード会社のデスクに連絡するか、キャッシュで支払っておき日本に帰国後必要書類を添えてカード会社に請求します。請求のときに必要な書類には、診療内容明細書と領収書が必要になります。
医師のサインと病院の名前や住所などの情報が明記されているものでなければなりませんので、受け取ったら必ず確認します。
万が一緊急搬送されるような状況に陥った場合はクレジットカード付帯保険の緊急援護費用で賄われます。緊急海外搬送となると付き添いのドクターやナースが必要であったり、搬送形態が飛行機の場合更に費用がかかってきますので、保障額ができるだけ大きい保険を選びましょう。”