クレジットカード入会の際の審査について

クレジットカード決済システムについて


クレジットカードのシステムを説明すると、カードの加盟店に対してカードの会員がカードをもって決済することにし、カード発行会社がカードの加盟店に対してその支払を立て替えておくというものです。
したがって、カードによる決済が行われても加盟店自身がリスクを負うということはありませんが、カード発行会社としてはその立替金をカードの会員から支払ってもらえないというリスクを負うことになります。

会員審査はカード会社のリスク管理のため

そういうシステムですから、カード発行会社としても誰にでもカードの発行をしてよいということにはなりません。
もちろん、カードの種類によって審査基準の厳しさは変わってくるものですが、一般的にはカードの発行を希望する人に収入があるかどうかというのが重要な要素となってきます。
なぜなら、一定程度の収入があればカードの決済が滞るということが考えにくいからです。
また、その人がどのようなところで稼働しているかということについても審査の際の重要な要素になってきます。
なぜなら、あまり就労先が安定していないと、カードの利用をされたものの居場所を転々とされてしまい、決済が滞る危険が出てくるからです。

クレジットカードの利用&返済履歴を重視する

さらに何よりも重要であるのは信用情報です。
すなわち、これまでカードの利用等により事故を起こしてしまった人であると、またそのことを繰り返すのではないかという危険が生じてしまうからです。
これらのことからすると、なかなかカードの発行をしてもらえないのではないかと考えてしまうかもしれませんが、年会費の相当に高いプラチナカード等であれば別として一般カードの発行は普通の人であれば拒絶されることは考えにくいですからその点は安心してよいところですが、ただし、カードの発行は申し込めばすぐにしてもらえるものというわけではないことには留意しておきましょう。